夫婦に不足しがちな5つのことと補う方法

夫婦に不足しがちな5つのことと補う方法

 

新婚時期をすぎて、夫婦生活に慣れる頃には、夫婦間には不足してくるものがあります。その状態がマンネリです。マンネリを放置しておくことで、今度はお互いの浮気心や、不信感に発展していくことでしょう。そうなる前に、夫婦間で不足しがちなことを解決していきませんか?ここでは、夫婦間で不足しがちな5つのことと補う方法をご紹介していきます。

 

夫婦に不足しがちな5つのこと

 

夫婦に不足しがちな5つのことと補う方法

 

長年夫婦でいることで、徐々になくなっていくことがありますよね。悲しいですがどのカップルでもありがちなこと。どんなに愛し合って結婚したとしても、お互いへの安心感とは、悪い方向にも向かうこともあるのです。安心する心は大切ですが、安心しきっていると思わぬ落とし穴にハマる可能性もあります。

 

コミュニケーション

 

夫婦に不足しがちな5つのことと補う方法

 

言わなくてもわかってくれるだろうというのは、お互いの勝手な妄想にすぎません。たとえ長年連れ添った夫婦であったとしても、大切なことは口に出さないと分かり合えないもの。もともとは他人だったわけですから、血の繋がった家族とは違います。伝えたいことはきちんと伝えなければいけません。

 

愛の確認

 

夫婦に不足しがちな5つのことと補う方法

 

結婚して数年が経過するとお互いに愛し合っていることの確認を怠ってきますよね。今更恥ずかしいと言う感情の方が先立つからです。しかし、信頼し合っているカップルであっても定期的に愛を確認しないことには、実は不安を感じるケースもあります。

 

デート

 

夫婦に不足しがちな5つのことと補う方法

 

もしも子どもができた場合には、2人きりのデートは実現しにくいもの。未婚のカップルには不足しない要素がここにあります。結婚した場合には、デートがなかなかできないのが現実なのかもしれません。しかし、デートはお互いにときめきを感じあえる大切な要素。状況的に難しいケースでも定期的に2人きりのデートは必要なことなのです。

 

感謝

 

夫婦に不足しがちな5つのことと補う方法

 

結婚するとお互いの役割が家庭ごとに決まってきますよね。そのため、お互いの役割を果たしていることが当たり前になってくるでしょう。例えば、妻は料理を作り、夫はお金を稼いでくるなど。ごく当たり前のことですが、感謝を伝えられなくなってはいませんか?未婚であれば、感謝したはず。結婚した途端に感謝の心を忘れていては、お互いにやりがいを感じられませんよね。

 

スキンシップ

 

夫婦に不足しがちな5つのことと補う方法

 

結婚して年数が経過するほどにスキンシップは減少していくことでしょう。最初はエッチの回数が減り、そのうちにキスもしなくなる夫婦も多いのかもしれません。デートをしていても手をつなぐことも忘れがち。一緒にいる空間でいちゃつくこともなくなってきます。悲しいですが、ほとんどのカップルに見られる傾向です。

 

不足を補う方法

 

夫婦に不足しがちな5つのことと補う方法

 

夫婦間で大切なエッセンスを補うにはどうしたらいいのでしょうか。不足しがちな大切なことを補うためには以下の5つを実践してくださいね。

 

大切なことは言葉で伝えよう

 

夫婦に不足しがちな5つのことと補う方法

 

夫婦といえどもコミュニケーションを円滑にするためには、言葉にする必要があります。確かに、長年一緒にいることで目配せだけで通じることは増えているかもしれません。しかし、大切なことまで「言わなくてもわかるだろう」で済ませてしまうと、相手に心が伝わっていない可能性もありますよね。「多分」「きっと」と感じることにも限界が。大事な用事や心はしっかり言葉で伝えてあげてくださいね。あなたが言葉にすることで、夫も言葉で返してくれるはずです。一方通行ではコミュニケーションは成り立ちません。どちらかが先に歩み寄る必要があります。

 

愛情表現は大げさに

 

夫婦に不足しがちな5つのことと補う方法

 

愛の確認行為はほとんどの夫婦ではおざなりになりがちです。「大切です」「好きです」などの心は言葉と態度で示してみましょう。あなた自身夫が今でも新婚当初のように自分のことを愛してくれているという自信はありますか?夫も同様です。もしもあなたが心を伝えていないなら、夫も自信がない状態。誕生日やバレンタインなどのタイミングで構いませんので、伝えやすいタイミングで定期的に愛の確認をお互いに行うようにしましょう。もしも恥ずかしいのであれば、わざとらしいくらいに大げさに「あなたのそういうところが大好き」などと言って抱きついてみれば恥ずかしくないかもしれませんね。

 

年に数回は2人きりのデートを

 

夫婦に不足しがちな5つのことと補う方法

 

2人きりのデートはしていますか?子どもがいれば、休日のお出かけは子どもと一緒が多いはず。しかし、それではカップルのデートとは雰囲気が違いますよね。緊張もドキドキもないことでしょう。実は、デートのドキドキ感こそ大切。女性にとっては、ホルモンの活性化にもつながるんですよ。夫婦になった途端に馴れ合いの関係ではお互いに違う場所にときめきを求めてしまうかもしれません。上手に時間を作って2人きりのデートを楽しんでみてくださいね。

 

小さなことにも感謝しよう!

 

夫婦に不足しがちな5つのことと補う方法

 

些細なことにでも感謝しあえるカップルは夫婦円満カップルです。夫の給料日には、「今月もありがとう。お疲れ様です」などと言葉で伝えてみてくださいね。夫の方が感謝の言葉をかけてくれない場合には、2人で話し合い、「毎日感謝の言葉を一回は口にすることにしよう」などと約束にしてみてはいかがでしょうか。はじめは照れてしまうかもしれませんが、慣れることで感謝する言葉が自然に出てくるカップルになれるかもしれません。

 

妻の方からキスしてみて!

 

夫婦に不足しがちな5つのことと補う方法

 

スキンシップは夫婦間では大事なエッセンス。最近あまりスキンシップがないなと感じているなら、思い切って夫の出勤時に「行ってらっしゃい!」とキスしてみましょう。夜のコミュニケーションタイムには、肩にもたれてみたり、手をつないで寝るのもおすすめ。それらが恥ずかしい場合には、お互いにマッサージをしあうことも効果があります。自然に「今日は肩が凝ってるから肩もみしてほしいな」などと夫に伝えれば拒絶する夫は少ないはず。亭主関白な夫なのであれば、「疲れたでしょ?」などと言って自然に肩もみなどをしてあげても喜ばれることでしょう。

 

まとめ

 

夫婦に不足しがちな5つのことと補う方法

 

いかがでしたか?夫婦間に不足しがちな5つのことは実は夫婦にとっては大事なエッセンスです。夫婦円満を目指すならぜひ早い段階で補っておきたいところ。不足しがちではありますが、補うことは簡単です。ただし、不足が長く続いているカップルでは補う際には勇気が必要になってしまいます。不足を感じ始めたなら、できるだけ早い段階で補っておきましょう。